計画停電を回避する方法(1)中部電力エリアに移る(軽井沢・長野・松本・静岡など)

東京電力の計画停電は、当面のあいだ実施されないと発表がありましたが、夏の電力供給状況によっては、3月よりも大規模な計画停電や、電力供給力不足が想定されています。
事業所だけでなく、一般家庭でも、一層の節電を心掛ける必要がありますが、停電を逃れるために、夏の季節だけ東京電力管内から脱出するということを考えている方もすでにいるようです。

中部電力では計画停電が実施される予定はありませんので、夏でも通常通り電力供給を受けることが可能です。
首都圏から近く、交通の便が良い中部電力エリアとして、以下のような地域に一時移住を検討している方が多いようです。

[長野県]軽井沢エリア、小諸・上田・佐久エリア、長野市内、松本市内、諏訪エリア、伊那・飯田エリア
[静岡県]静岡市内、浜松エリア
※静岡県東部(原則、冨士川より東)は、東京電力管内となります。
[愛知県]名古屋市内など

特に、軽井沢エリアは東京から新幹線で1時間程度と近く、夏も比較的過ごしやすい気候のため、人気があるそうです。
中部電力管内に限らず、東京電力の管外へ短期移住することも、東京電力に対する一つの節電対策になりますので、資金的・時間的に余裕がある方は本気で検討しても良さそうです。

関連記事

カテゴリー: 疎開・避難・退避・海外, 計画停電 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。