「仙台~南三陸線」高速バスの運行再開。南三陸町への交通手段が改善。ミヤコーバス(宮城交通)

株式会社ミヤコーバスは、2011年7月19日から、高速バス「仙台~南三陸線」の運行を再開すると発表しました。

1日2往復の運行で、午前中に気仙沼地区から南三陸町を経由して仙台に向かう便が2便、午後に仙台から南三陸町・気仙沼地区に向かう便が2便となります。

ミヤコーバス「仙台ー南三陸線」時刻表・運賃:
http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/14/

※気仙沼ー仙台の高速バスはこちらの路線もあります:
http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/36/
http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/38/

※ミヤコーバスによる発表
三陸自動車道を経由し、仙台と気仙沼を結ぶ高速バス「仙台~南三陸線」については、東日本大震災の影響により南三陸町周辺にある数か所の橋が落橋し、南三陸町への乗り入れが困難となったことから、同路線の代替として、同町内を迂回して仙台と気仙沼を三陸自動車道経由で結ぶ臨時バスを、4月29日から運行していました。
今般、6月26日の小泉大橋(小泉小学校入口~本吉登米沢間)の開通に続き、7月6日には水尻橋(南三陸ホテル観洋前~公立志津川病院前間)が供用開始となり、気仙沼市内などの一部区間を除いてほぼ震災前の経路による運行が可能となったことから、臨時バスの運行に替え、高速バス「仙台~南三陸線」の運行を再開することとしました。
これにより、仙台市中心部と南三陸町中心部とを直接結ぶ公共交通が毎日運行することとなり、南三陸町へのアクセスが改善されます。

関連記事

カテゴリー: 被災地の交通状況 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。