「はんこ」自動販売機が登場。被災地では役所関連手続きで印鑑の需要が高まっており、ハンコがその場ですぐ作れるサービスが人気「セルフはんこBOX」

東北、北関東などの東日本大震災被災地では、役所関連の手続きで「ハンコ」が必要とされることが増えています。
しかし、津波や地震の被害でハンコを無くした人も多く、また東北地方特有の苗字のハンコは特注品となることも多いことから、その場で自分の苗字のハンコ(印鑑)がすぐ作れるサービスが必要とされています。

そのような需要に応えるべく、書類に押印するための三文半や、実印などが、自動で作成される、ハンコの自動販売機が登場しました。
2012年1月26日のワールドビジネスサテライト(テレビ東京系列)で紹介されるかもしれません。

「セルフはんこBOX」という名前で、材質により1本500円~5000円。作成まで5分程度で完成するそうです。

関連記事

カテゴリー: 買い物・生活・防災対策 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。