食品に含まれる放射性セシウムの新基準値、2012年4月1日から適用。暫定基準値を見直し

食品に含まれる放射性セシウムの新基準値を、2012年4月1日から適用することが決まりました。

2011年3月に策定された暫定基準値を大幅に見直し、基準値の水準が厳しくなります。

野菜・穀類・肉・卵・魚など、一般食品は1kgあたり100ベクレル、
牛乳・乳児用食品は50ベクレル、
飲料水については10ベクレルとされます。

コメ、牛肉、大豆などは、混乱を避けるため経過措置の期間が設定され、コメと牛肉は10月1日から、大豆は2013年1月から、新基準値が適用されます。

関連記事

カテゴリー: 放射性物質 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。