JR八戸線「種市-久慈」間が3月17日運行再開。駅や線路から高台の避難場所への避難路を設置

JR東日本は、震災後から不通となっていた八戸線のうち「種市-久慈」の区間を、2012年3月17日から運行再開します。
これにより、八戸線は「八戸-久慈」間の全線で運行が再開されます。

不通区間は、津波の被害を受けた箇所も含まれていますが、元のルートのまま復旧されました。
津波対策として、駅や線路から高台にある避難場所への避難路を確保し、津波警報が発令された場合には、乗客・乗務員が高台に避難することになります。

関連記事

カテゴリー: 被災地の交通状況 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。