電力小売り全面自由化で、使う電気が選べるように

2016年4月1日から、電力小売りが全面自由化となります。
これまでは地域電力会社としか契約できなかった家庭向け電力や小規模事業所向けの低圧電力が、どの電力会社とでも契約することが可能となります。

この電力自由化で一番期待されるのは電気代の節約。さまざまな企業が自社サービスと電気のセット割引を導入することで、電気代がより割安になることが期待されています。
また、電力会社が選べるようになることで、「天然ガス発電所を持つ会社と契約する」「バイオマス発電をしている会社と契約する」などと、自分の好きな電力会社と契約する事が可能となります。

電力会社を切り替えても、電力の送配電はこれまで通り地域電力会社が担うことになるため、電力の品質は変わりません。また、停電しやすくなるような心配もありません。
これまで通りに電気が使えるままで、電気代が安くなる可能性があるのが、電力小売り全面自由化なのです。

自由化に合わせて多数の会社が販売に参入するので、どの会社を契約するかはよく検討してから決めましょう。もちろん、これまで通り地域電力会社との契約を継続するという選択肢もあるでしょう。電気の比較サイトや情報サイト、電力会社各社のウェブサイトなどを見ながら、自分にあった電気を調べてみると良いでしょう。

電気切り替え比較ドットコム

関連記事

カテゴリー: 計画停電 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。