常磐線が土浦まで運行再開、3月18日から。JR東日本

JR東日本では、常磐線の取手~土浦の区間を、3月18日から運行再開すると発表しました。
土浦エリアでは都心に向かう代替交通手段が少なく、つくばエクスプレスの各駅を利用するしかありませんでしたが、ようやく交通が確保されることになります。
但し、運行本数が通常よりも大幅に少なくなりますので、時間に余裕を持って利用することをおすすめ致します。

2011年3月19日追記:土浦駅から水戸駅まで、臨時バスが運行されます。
土浦駅東口~高速石岡~水戸駅南口、3月19日から臨時バスを運行

また、同じく3月18日に関鉄観光バスでも、土浦~取手で臨時バスが運行されます。
(JRの運行再開により、運行状況が変わる可能性があります)
運行区間 土浦駅東口~荒川沖駅東口~ひたち野うしく駅東口~牛久駅東口~取手駅西口【運行:関鉄観光バス】

運行時刻
[取手駅行]
土浦駅東口発6:30~約30分間隔で最終20:00まで運行
[土浦駅行]
取手駅西口発7:30~約30分間隔で最終21:00まで運行

取手駅までの運賃
土浦駅東口から1,000円
荒川沖駅東口から800円
ひたち野うしく駅から600円
牛久駅から600円

※2011年3月19日追記:上記、土浦~取手の臨時バスは19日以降運行されない模様です。

関連記事

カテゴリー: 被災地の交通状況 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。